サービス内容

ハロゲン分析

Service

ハロゲン分析サービスについて

ハロゲン化合物は従来から難燃剤材料として電子・電気機器に広く使用されてきましたが、これらを焼却廃棄時に発生するハロゲンガスによる環境汚染や人体に対する影響が懸念されるようになっています。
最近では国内外の各種法規制に加え、業界や一部のメーカーによる自主規制という形でハロゲンフリー製品への移行が推進されています。
また、その分析法は燃焼法が主流ですが、その燃焼条件にはいくつかの種類があります。

**ハロゲンフリーについては国際規格(IEC), 各業界団体(IPC, JPCA)などで以下のように定義されています。
1.塩素(Cl)含有率:0.09wt%(900ppm)以下
2.臭素(Br)含有率:0.09wt%(900ppm)以下
3.塩素及び臭素含有量の総量:0.15wt%(1500ppm)以下


SGSジャパンでは業界やメーカー基準に対応した、様々な条件での分析サービスを提供しています。

  • 分析項目:ハロゲン(F, Cl, Br, I)
  • 分析方法(燃焼条件):
  •   -BS EN 14582/ Oxygen combustion in closed systems
      -ASTM D7359/ Oxidative Pyrohydrolytic Combustion
  • 分析装置:イオンクロマトグラフ
  • 検出下限値:50ppm(各項目)
*ご依頼に際してはMSDS等の安全性、並びにサンプル材質が確認できる資料をご用意願います。
*材質によっては燃焼条件の違いにより結果に差が出ることがあります。

検査依頼書
ダウンロードページへ
お問合せ窓口
営業時間:
平日 9:00~17:00
お問合せフォーム
ページの先頭に戻る